【朗報】白内障専用の目薬・点眼薬なら視界も安心

【朗報】白内障専用の目薬・点眼薬なら視界も安心

白内障専用目薬で視界も安心!

 

アメリカ・ヨーロッパでは白内障治療の一環として目薬の点眼は常識になっています。薬局に行けば白内障用の目薬が売られているほど。日本では特許出願中である為あまり知られていませんが、アメリカではFDAに承認されており、ヨーロッパでは安全規制・規格制度のCEマークを取得しています。日本でも一部の人はすでに使い始めており、その効果を実感しています。

 

〜白内障の豆知識〜
瞳が黒くない欧米の方々は紫外線に弱いんです。彼らがサングラスをよくかけているのは、ファッション目的だけでなく本当に紫外線が辛いからなんですね。ただ、紫外線に弱いということは水晶体の酸化が早まることに繋がります。その為、欧米では日本に比べて白内障はより身近な存在なんです。白内障治療が日本よりも進んでいるのはそういった理由もあるのかも知れません。


白内障専用目薬で何がどうなる?

白内障専用目薬の効果

photo by ugururlu0

 

白内障防止に必要なのは酸化防止

白内障の原因は紫外線やストレス、老化によって起きる”水晶体の酸化”です。つまり、いかに酸化を防げるかどうかがカギを握っています。通常は食事によってルテインを主とした抗酸化作用のある栄養素を摂るのが一般的です。しかし、サプリメントの習慣が無い限り必要な量のルテインを摂取するのは難しいモノです。

 

目薬で目の酸化防止を直接助ける

そこで、白内障研究で特許を取得しているマーク・バビザエフ博士が開発したのが白内障専用目薬です。この目薬の最大の特徴は目に直接働きかけるNアセチルカルノシンを点眼することです。点眼することでNアセテルカルノシンがカルノシンに変わり、眼球の水溶液に直接入り込むと強力な酸化防止剤として作用するようになります。

その効果についても、臨床実験において90%以上の患者に視力改善がみられるという、確かな結果を出している製品となっています。

白内障専用目薬は2つしかない

白内障専用目薬は世界に2つだけ

photo by tec_estromberg

 

CAN-C(キャンC) & クララスティル。白内障についてネット検索したことがある人なら1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?というのも白内障専用目薬は2つしかありません。そこで気になるのは”どちらの目薬を選ぶべきなのか”とうこと。

 

実は…どちらを選んでも変わりません。

 

というのもこの2つは共にマーク・バビザエフ博士が開発したであり、CAN-Cはアメリカ向けにクララスティルはヨーロッパ向けに販売されている商品名であり、中身の成分に違いはありません。唯一の違いは(日本で購入する際の)値段だけです。これはアメリカからの輸入かヨーロッパからの輸入かの違いで生まれる価格差になります。当然、このサイトでは安い方のCAN-Cを紹介いたします(笑)

 

白内障専用目薬 CAN-C

価格

\7,280 → \4,980(※)

用量

5ml×2本

使用法

最初の半年間は両眼に1日2回朝夕点眼し、その後は1日1回点眼します。

※輸入品のため為替状況によって価格が変動します。

 

※当サイト限定 500円OFFクーポンコード

 

当サイトからCAN-Cを購入される方には通常価格から更に500円OFFで購入可能。
購入手続きの中の“ご注文内容の確認”時にクーポンコード『KXA5』を入力してください。メーカー通常価格から500円引いた4,980円⇒4,480円にて購入可能です!

 



当サイトコンテンツ一覧